Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/form-i/www/cordonnier/wp-includes/post-template.php on line 293

Form-i×Cordonnier

Blog

Form-i

こだわりデニムのお直し④ミシン刺し

いつもご利用ありがとうございます。
Form-i GINZA SIX店です。

今回はデニムのリペア、補修についてご紹介いたします。
デニムのダメージの状態やお好みにあわせて様々なお修理が可能ですので、是非ご相談下さい。

【横糸の残った大きな穴】
参考写真は裏から生地をあててミシンでこまかく刺しお修理しました。
お好みでデザイン的に太めのステッチを重ねてかけることも可能です。

【横糸の無い大きな穴】
参考写真は裏から似寄りのデニム生地生地をあててお修理しました。
境目がわかりにくくなるようにこまかく刺したり、あえてデザイン風に太めのステッチをかけたり
様々な方法でお修理が可能です。
デニムに限らずプリント柄など、お好みの生地を合わせることもできます。

【ほそく切れた穴・横糸作り・横糸の残った細い穴】
・ほそく切れた穴
キズが目立たないように埋めたり、あえて傷を残したまま広がらないように補強するお修理もできます
・横糸作り
デニムの横糸がなくなってしまったところに糸を渡してミシン刺しを行い、穴をふさぎます。
・横糸の残った細い穴
参考写真はこまかく傷を埋めたり、デザイン的に太めのステッチを重ねてかけたりしています。


同じダメージのお修理でも、方法によって印象の異なる仕上がりになります。
ユーズド加工のデニムが人気ですが、長くはきこんでいくうちにダメージが広がってしまうこともあるかとおもいます。
もちろん穴が開いていなくても、薄くなった部分の補修が可能ですので是非お気軽にご相談ください。

【ミシン刺しの料金】
基本はお見積もりでのご案内です。デザインや穴の大きさによって料金が変わります。
※当店では新しくダメージをお作りすることはできません。お修理のみの承りとなります。

 
当店ではミシン刺しの他にチェーンステッチ・ユニオンスペシャル、裾残し加工(アタリ残し)での丈つめなど、デニムに関するお修理を承っております。
≪バックナンバー≫
①チェーンステッチでの丈つめについて
②裾残し加工での丈つめについて
③ステッチの種類について
  
フォルムアイ GINZA SIX店 Staff:SH
Address 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 5F
Telephone 03-6264-5113(Form-i)
Business Hours 10:30 – 20:30